2020年9月20日日曜日

東京多摩調理製菓専門学校

 デストロンのアジトから逃げ出したはずの男は警察署に保護されたものの身柄を拘束され病院へと連れ去られる。
男が収容されていた城北警察署の外観は多摩市関戸にある東京多摩調理製菓専門学校(当時は多摩調理師専門学校)の校舎が使われている(劇中の台詞では八王子となっている)。劇中に映る玄関周りは大幅に増築されていて一見では同じ場所とは気付きにくい。建物越しに確認出来る信号は川崎街道の現在の聖蹟桜ヶ丘駅東。

デストロンが変装した怪しげな救急隊員。
同じカメラ位置からでは見通しが聞かなかったので少しずれた位置から撮影。先に見える丘陵地は同市の連光寺方面。
デストロンの暗号通信をキャッチして駆けつけた風見
玄関周りの増築部分とは異なり手前(画面左側)の外階段は当時の意匠を残している。階段に沿った配管も当時と同じ位置に。
救急車を追跡する風見
風見が走っているのは川崎街道の聖蹟桜ヶ丘駅東付近。望遠レンズの圧縮効果で後方の日野市百草辺りの丘陵地が随分近く、大きく映り込む。風見の後方に見えているビルは城北警察署のカットで隙間から見えていたビルと同一だろう。
当初、城北警察署の建物を川崎街道を走っていることからこの多摩市関戸付近だろうと推測し多摩調理製菓専門学校を最初に疑ったが校舎の増築に気づかず特定に至っていなかった。最近になってロボット刑事第25話に同校が使用されているのを発見、HIDE男氏より実は城北警察署が同じ場所だったと言う情報を得て早速現地確認に赴いた次第である。私にしてもHIDE男氏にしてもある意味コロナ自粛がロケ地特定に導いたと言えなくも無い案件だった。
ロボット刑事では河合病院として登場。V3よりも使用カットが多く周辺の様子が確認出来る。





2020年8月27日木曜日

河口湖

拉致された少年ライダー隊員のタカオの捜索中にデストロンの基地に潜入した風見。毒ガス作戦を追って地底運河へ…
地底運河を抜けた先はV3のセリフにある通り河口湖。湖の東側、平浜付近で撮影されている。
湖に浮上したV3の背後に見えるのは河口湖大橋(1971年完成)。
ハリケーンで毒ガス作戦を追うV3
ハリケーンが走るのは県営平浜駐車場の敷地
V3の右側に見える白い建物の旅館河口湖芙蓉荘がそのまま現存している。

2020年5月10日日曜日

さくらサンリバー

祝福される花嫁を羨望の眼差しで見つめる若いカップル
カップルがいたのは府中市を流れる多摩川にかかる関戸橋の袂にあったさくらサンリバーの前。食品メーカーモランボンの関連会社が所有していた建物でボーリング場やレストランなどが入っていた。2006年解体、跡地にはライオンズマンション府中中河原マックスフォートが建つ。
 鎌倉街道を隔てた向こう側は現在はNECの建物が建つが当時は別の平屋の工場だった。
 背後の電柱の看板は「さくらボウル」だろうか。
後方に武蔵府中病院(現:府中恵仁会病院)の看板が確認出来る。
突然、声をかけてきた神父を怪訝そうに見る二人
後方は多摩川、右側に関戸橋、左端にうっすら見えるのは聖ケ丘にあったアパッチ砦と呼ばれた小山。
 二人は不自然ながら申し出を受け入れる事に…

2020年2月4日火曜日

諏訪南公園バス停

ライダ−V3がハンマークラゲを倒し再び平和が戻った。
ツトムの母と守の姉が立っていたのは京王バスの"諏訪南公園"バス停。現在も同所に存在する。バス停の手前に植えられた街路樹の成長具合に年月を感じさせる。
 背後に映るのは永山団地4-2-9号棟。
 負傷した守に代わって新聞配達をする純子
背後の土手が"諏訪南公園"。石垣や植え込みの中に見える階段もそのまま現存。
 純子の後方には当時は無かった南多摩尾根幹線道路が整備されている。
 ツトムの母の後方の建物は多摩中央警察署永山4丁目交番。これもそのまま現存。
 純子が下って行った都道18号の先は永山駅へと続く。
出典: 仮面ライダーV3 第6話「ハンマークラゲ出現! 放て、V3の必殺わざ!!」

2019年10月21日月曜日

八王子の廃工場

洞窟で怪人を発見したライダー隊員からの連絡で現地に駆けつけた風見。
立ちはだかるワナゲクワガタに変身して応戦するも取り逃がしてしまう。
逃げるワナゲクワガタを追って廃工場へやってきたV3だが…
この廃工場は八王子駅近く、八高線沿いにあった。撮影後しばらくして解体され跡地にはNTT東日本東京支店新明神ビルが建つ。
ほとんどが工場の廃屋の中での戦闘なので検証が難しいがワナゲクワガタを追って外へ出た時に工場の先に八高線の軌道が映り込む。
当初、川の土手か何かかと思ったがツイッターでこれについて書いたところ、ある方から単線の架道橋ではないかとのご意見をいただきこの場所に辿り着く事が出来た。
なお、この場所はロボット刑事第6話でコワシマンとの決戦ロケ地にも使われており、V3よりも周辺が映り込み状況を確認する事が出来る。
Kの背後、隣接する(株)舘野機械製作所の建屋が改修されながら現存していた。
 JR八高線相染橋梁。線路沿いやNTTの敷地周辺は遊歩道になっており間近に確認する事が出来る。

2019年9月4日水曜日

芦ノ湖白浜 #2

藤兵衛の操舵するボートで水上スキーを楽しむ風見
この湖は前回の投稿で書いたように芦ノ湖で撮影されていた。湖上を無尽に航行してるように見えるが白浜の入江になった辺りを回っているだけだと思われる。
下の画像でボートの左側で岬の先に岩が2つ3つ見えているのが箒ヶ鼻と呼ばれる岬で現在も岩が残っているのが分かる。対岸側は箱根園の先の都嶋ノ鼻辺りだろうか。
風見の後方に見える浜は白浜と呼ばれる砂浜。
 このカットでは撮影班かどうかは分からないが車が止まっているのが分かるが、現在は草が生いしげり車を降ろせるルートが無かった。
 白浜の前で旋回したボートの先、右側はトリカブトと名のついた岬。この対比の写真は白浜から撮っている。
 風見の後方は白浜の対岸にある箱根園の施設だと思われる。
純子の見ている先は箒ヶ鼻、その先に山伏峠と右側は三国山。
無人のボートを不審に思っていると桟橋でデストロンが拉致していくのを目撃する。
この桟橋はトリカブトと白浜の間にあったもので観光船の発着用として作られたが結局使われずじまいだったそうだ。2000年代に入る頃までは現存していたようだがご覧のように撤去されてしまった。劇中では桟橋の先の木陰にロケバスと思しき車が停まっているがたまたま撮影に訪れた日も同じ場所に釣り客の白いワンボックが停まっていた。
検証にさすがにモーターボートには乗れないので同じアングルで撮影するにはどうしようか迷い、まずは岸から撮影するもまるでダメ。次は湖を周回する観光船に乗ってみたが撮影が行われたエリアからはコースが外れていてイメージが違っていた。
しばらく迷った結果、箱根関所側から手漕ぎのボートを借りて湖に出てみた。貸しボート屋からは1kmも離れていないのだがさすがに慣れていない私一人で漕ぐには少し酷だった。もし行ってみようと思った方がいれば数人で行くか船舶免許を持った方に同伴してもらったほうがいいでしょう。

ちなみにこの芦ノ湖白浜と桟橋は帰ってきたウルトラマン第34話「許されざるいのち」にも使われている。このエピソードでは偶然にもここともう1箇所、V3第23話と共通するロケ地で調布にあった「国領憩いの家」が使われていた。

2019年9月2日月曜日

芦ノ湖白浜 #1

湖畔をサイクリングする若者グループ
この第23話に登場する湖は藤兵衛の運転するモーターボートの船名が"ふじ”と書かれていたことから富士五湖のいずれかで撮られたのではないかと思い込んで西湖や河口湖ばかり調べていたが実際には湖のシークエンスの全ては芦ノ湖の南側で撮られていた事が判明した。
冒頭の砂浜のシーンは芦ノ湖白浜での撮影。検証に訪れた日は撮影当時よりも水位が高く浜が1/3ほどしか無く人が歩くのがやっとだった。(対比写真に写る荷物はそのわずかな浜でソロキャンプしていた方の物)
 続いて湖畔と思われる砂利道は先の白浜へ至る県道737号長尾芦川線。正直なところ該当しそうな箇所が2、3箇所あり決め手に欠けたが最も道幅、道の傍の土手の傾斜が近かったところで撮影。映像は少し高い足場の上から俯瞰で撮影しているので後方の道の先まで見えているがここも同様のカーブが続いている。
 通行止になっていた先が白浜。