2019年6月19日水曜日

大雄山最乗寺

木霊ムササビとの初戦は南足柄市にある大雄山最乗寺。
変身したV3が立ったのは奥の院に至る階段の途中。
 烏天狗像
 鼻高天狗像
 御真殿の周辺には奉納された大小さまざまな団扇と和合の下駄が置かれている。劇中と比べていただくとわかるが当時と今で倍くらいにはなっている。
 V3が履いた下駄も健在。

また、冒頭の学者がキノコを採取しているシーンや初戦で木霊ムササビが姿を現すシーンなどで大きな杉の木が映る場所は恐らく参道周辺だろうと思われるが具体的な位置はつかめなかった。
 37話ラストの風見が寺から帰る森に囲まれた道も最乗寺参道。

安楽寺

舞台となるシゲルの親戚の寺は青梅市の名刹安楽寺。冒頭に映るのは表門脇に生える都の天然記念物に指定されている千年杉。当時のカメラ位置に立派なツツジの植え込みがあり同じ位置に回り込めず。
カメラがパンする瞬間に当時の案内看板が映り込んでいる。
杉の先にある茅葺の鐘楼堂。苔むした屋根に朱塗りの柱は緑の中にあって一段と映えます。
住職の背後の本堂。基本的な構造はそのままだが茅葺だった屋根が銅版葺きに、前面の戸がすりガラスにと改修されている。
鐘はもちろん当時のまま。
正式な名を成木山愛染院安楽寺というそうで"愛染院"と書かれた扁額が掲げられる。
この大きな寄棟の屋根を賄う茅を確保することが困難になって銅葺きに変えたそうだ。
硫黄が吹き出ていた寺の名物だという沼は軍茶利明王堂にある現在は綺麗に整備されたこの池ではないかと思われる。

夜に住職がお経をあげていた本尊の不動明王は実際のこの寺での撮影と思われる。二郎や住職が寝ていた部屋も恐らくここだろう。
風見の電話をしていた玄関にあたる場所はここだと思われるが改修されたのかイマイチ一致せず。再訪した際にはお寺の方に聞いてみよう。
シゲルが逃げてきた場所は寺と少し離れた境外仏堂、軍茶利明王堂の仁王門。
カヨコが捕まったのは参門。訪れた当日は生憎閉められていた。
門の外から同アングル。
木霊ムササビを倒し寺を去るシゲル
カヨコが捕まったのと同じ参門。
寺を後にする風見。
現在では正面の道路も綺麗に整備されている。
風見たちが様子を見に入っていった寺の裏の森も恐らく実際にここの裏山だと帰宅してから気づいた。

この寺は木霊ムササビ初戦のロケ地が南足柄市の大雄山最乗寺、決戦もその近くで撮られていたことからてっきり足柄〜山北辺りだと思い込みその周辺しか探してこなかった。扁額に書かれた"愛染院"も読めてはいたがエリアを絞って探していたので引っかかるはずもなかったというわけだ。別案件を調べている際にふと思い出しエリアを広げたら難なく見つかった。綺麗に手入れされた境内の千年杉や大きなお堂はロケ地とは関係なく風情のある心地の良い空間であった。

2019年5月28日火曜日

妙本寺 #2 祖師堂編

先の墓のシーンから純子が追われてきた場所は墓と同じ鎌倉の妙本寺祖師堂の脇。
 ハサミジャガーの背後は祖師堂前の二天門の屋根。
ハサミジャガーの背後は2002年に日蓮聖人像が建てられ少し状況が変わっている。右端に映る蘇鉄の植え込みが当時のままだと思われる。
縁側の先に見えるのが妙本寺の開基、比企大学三郎能本の一族が祀られた墓。
着地したかなり古そうな石段は現在立ち入り禁止になっていてすっかり歩けない状態に。ここは先の比企一族の墓の脇にあり上にも墓石があるようだが誰のものなのかは分からなかった。
先の階段から見下ろすアングルだが階段が上がれない上に木で遮られるため脇の土手から。対比の画像では分かりにくいが戦闘員の背後の溝が確認出来る。
 ハサミジャガーの左背後に見切れている古碑は仙覚という鎌倉時代の僧侶がこの場所で万葉集の研究をしたという「万葉集研究遺跡の石碑」。現存している。
 V3の背後に乾燥させているのか太い柱材が置いてあるが現在も縁の下に何本か置かれていた。格子の中に置かれているのが見えるだろうか。
前回の記事にも書いたが自分なりに少し気づきがあって調べていたタイミングでころころがたがたさんでここを取り上げて頂けた。
それまで情報が映像しか無いものの、恐らく同時撮影している1、2話のロケ地のいずれかに近い場所だろうという推測はしていた。何年か前に1話ラストに江ノ島ロケがあることからEROOYAJIさんから鎌倉も有り得る、という助言もいただき、鎌倉から川崎北部、稲城周辺から八王子、相模原、青梅とひたすらGoogleマップで寺を探し続けていたがまさか鎌倉でも指折りの名刹だったとは思いもしなかった。ころがたさんのブログによると変身忍者嵐第17話以外に好き!すき!!魔女先生第23話にも使われているそうで、そちらから検索するところがたさん以外にも魔女先生のロケ地が妙本寺だという事を取り上げてるブログも見つかった。魔女先生のDVDは所有していて観てたはずなのにまさか一緒とは思わず一致していませんでした。お恥ずかしい…
ころがたさん、EROOYAJIさんはじめ色々ご助言いただいた皆様にお礼申し上げます。