2015年3月12日木曜日

春秋苑

結城丈二と共にデストロンを脱走した助手の科学者達葬られたのは川崎市多摩区の霊園春秋苑

墓参りする片桐の妹幸江。(スタッフのお遊びで劇中定番だが他2名の名前が平山、阿部両プロデューサーの名前になっている。)
撮影に使われたのは中区域にあった空き区画。現在は本物のお墓が立っています。(一応墓石にはモザイクかけました)
立ち去る幸江。赤丸内の墓石の見え方からするとカメラ位置はもう少し斜面の近くから見上げるような位置だったか。
墓の敷地内に入るのは遠慮したので若干角度が違うが風見の後ろの特徴ある六角形の墓石が一致する。また結城の肩の右脇に見える霊園前の民家が現存していた。(下のストリートビューの画像参照)

藤兵衛が待っていた場所は東特別区3付近、礼拝堂前の駐車場の一角。
現在、礼拝堂が建っている辺りは当時植え込みになっていたようだ。また駐車場の地盤が現在よりも若干低いようにも見える。
正門方向に走る結城のバイク。石積みの正門自体や街灯のポールはそのままだが左側の植え込みが無くなり駐車場が拡張された。進行方向の先に見える平らな屋根の民家は当時のまま。

上記の一連をV3撮影からお1年後、1975年の航空写真で図説してみた。位置関係が判るだろうか。


出典:仮面ライダーV3 第44話「V3対ライダーマン」

0 件のコメント:

コメントを投稿